2011年9月アーカイブ

ダウンスイングではテークバックより腕の通る位置が前に出てしまい

テークバックの軌道とダウンスイングの軌道が違ってしまうからです

CIMG0212.JPG

上の写真はテークバックの写真です 上げる途中です

下の写真はダウンスイングの写真です 降りてくる写真です

CIMG0207.JPG

テークバックとダウンスイングのクラブ軌道に差が少ないほうがいいわけです

腰をきるとこんなにも差がでてしまいます

 

ゴルフで質問の多いのが「どうやって腰をきって打つんですか?」と言う内容です

この質問はトップからダウンスイングに入るときの事です

コースや練習場で「「腰をきれ!」と教えられるようですがそうではありません

腰をきって打ってはいけません

なぜか  多くの答えがありますが 2点挙げてみましょう

まず最初の1点です  テークバック(構えてから30センチくらいクラブ起動の延長線上をあげる)の起動とまったく違う軌道を降りてくることになるからです 体の回転は横回転ですがクラブは縦回転がはいってきますので、体の回転軸にまかせて降ってはクラブがうまく降りてきません

つまりクラブヘッドが軌道より外から降りてきますのでアウトサイドインのスイングになってしまいます

皆さんこんばんわ  ゴルフしていますか

いろいろな遊びやスポーツしてきましたがゴルフほど面白くて難しくて奥の深いものはないと信じています

そこで私が今までに体験して覚えたことを皆さんのゴルフ向上に役立てていただければ幸いです

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ