岐阜県恵那市山岡町で江戸時代以前からの建築方法で蔵を作っていました

昔の蔵の特徴は、壁の中に砂が詰められているのが一般的でした

蔵の壁に穴をあけてノコギリを差込、竹を切断しようとしても砂でノコギリの刃を

ダメにしてしまう働きをさせるためです

私個人の予想ですが、中の砂で火事が大きくなるのを防ぐ為でもあったと

思われます

作業中の左官屋さんに聞いたところ、20年くらい前に建てて以来だそうです

CIMG1440.JPGCIMG1441.JPG

 

 

 

 

 

 

CIMG1442.JPGCIMG1443.JPG

 

 

 

 

 

 

CIMG1444.JPGCIMG1446.JPG

 

 

 

 

 

 

CIMG1448.JPGCIMG1451.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ecokaiteki.com/mtcgi/mt-tb.cgi/205

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

  • images

このブログ記事について

このページは、ゴキブリ,害虫駆除の快適健康生活【岐阜県恵那市】が2012年12月 3日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コウモリ」です。

次のブログ記事は「池の改造」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。